MENU

初診で必要な料金

レディ

保険外併用療養費の有無

初めて皮膚科に通う時は初診料も必要ですが、初診の時に請求される費用は、受診する医療施設の規模によっても異なります。港区で皮膚科の診察を受ける場合も、町の診療所なら初診料や治療費などだけで済みますが、入院ベッド総数が200床以上備える病院では、別途特別料金が請求されます。この料金は健康保険が効かない自費になりますので、大きな病院の皮膚科へ通う場合は、余分にお金を持って行った方が安心です。さらに、入院ベッド数が500床より多い地域医療の支援病院では、より大きな金額が必要になることもあります。ですから港区の皮膚科で初診時の費用を安くしたい場合は、入院ベッドのない町医者など、診療所の皮膚科で診てもらうと良いでしょう。もしくは前もって通院先の病院規模を調べておくか、あるいは電話などで直接確認してみてください。病院ごとでこの金額にも差がありますので、問い合わせる時は、保険外併用療養費がいくらなのかを尋ねますと大抵教えてくれます。また、かつて掛かっていた病院でも、一定期間経過している場合などは初診扱いになりますから、診察券を持参しても同様の費用が掛かるのが一般的です。ただしほかの医療機関からの紹介状がある時は基本的に請求されませんので、港区の町医者から大きな病院の皮膚科へ転院する時は、医師から紹介状をもらっておきましょう。一方、港区には土日でも診察している皮膚科があり、平日は仕事などで通院できない方々に喜ばれています。中には日曜日や祝日でも18時まで診療しているクリニックもあるなど、港区には通いやすいことで好評の皮膚科が複数揃っているのです。

Copyright© 2017 巻き爪の症状で悩んでいるなら注目【治療法を徹底解説】 All Rights Reserved.