MENU

体に負担の少ない治療法

診察室

ワイヤーによる治療を行う

ヒールの高い靴や、足のサイズに合っていない靴を履いていて足袋やタイツなどを着用する機会が多い人は、巻き爪で悩んでいる人が少なくありません。悪化すると、爪の周囲に炎症を起こし、スポーツをする時や、歩行時に支障が出てきます。なるべく早めに東京の皮膚科を受診する必要があります。比較的軽度の場合は、外科手術が必要ではなく、東京の皮膚科では、ワイヤーを使用した巻き爪矯正の治療を行っています。従来の治療法は、爪に穴を開けてワイヤーを通して、爪の変形を改善しています。爪の両側にフックを付けて、引っ張ることで、改善するケースもあります。なるべく体に負担の少ない治療を受けたい人は、爪に穴を開けずに、ワイヤーを使用して、専用のフックで固定する方法もあります。最新の治療法は、外科手術のように切除をする必要がなく、痛みも少ないので、安心して治療が受けられます。軽度の巻き爪の場合は、矯正による治療を受けることで、辛い症状が改善します。巻き爪は良くなっても、生活習慣を改善しないと再発する可能性があります。重度の巻き爪の場合は、外科手術が必要ですが、麻酔を行っているので、施術中は痛みを感じることはありません。東京の皮膚科では、爪の形状に合わせた治療法を提案してくれるので、最適な方法を選んで下さい。ワイヤーを使った治療は、基本的には保険の適用外になっていますが、爪の炎症がある場合は、東京の皮膚科では、保険適用の治療が受けられるので、安心して下さい。

Copyright© 2017 巻き爪の症状で悩んでいるなら注目【治療法を徹底解説】 All Rights Reserved.